【書評】妻と最後の十日間

家族が病気を患ったのがきっかけで本書を手に取りました。

最も身近な存在である「妻」がいなくなってしまう喪失感は並大抵のことではないはずです。

ジャーナリストである著者が記したリアルな記録は、私の心に圧倒的な力をもって迫ってきました。

幸い私の家族は快方に向かったが「人の生死」は誰もが直面する問題である。

それゆえに本書を手に取る価値は十分にあるはず。

私にとって、印象的な本になりました。

著者がこれまで各国を取材してきたときの体験と、妻が倒れて亡くなるまでの十日間の記録が交互に語られていて、それが本書の味付けにもなっています。

妻と最期の十日間 (集英社新書)
桃井 和馬
集英社 (2010-12-17)
売り上げランキング: 48528
広告

About toshicanai

公立小学校教員/2児の父/エバーノート好き/タスク管理/アンドロイド/ライフハック/読書年間100冊/心穏やかに毎日を過ごしたい/生活を「システム化」して家族との時間を増やしたい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。