僕の読書法【その5】 芋づる式に読む

私は様々なジャンルの本を読みます。

新書が多いですが、ビジネス書や小説など、何でも読みます。

 

購入する場所は「本屋7」:「Amazon3」くらいの割合です。

パラパラっと見て、面白そうなら迷わず買ってしまいます。

 

基本的に、その時に自分が興味を持っているジャンルの本を買います。

 

しかし、私の「興味をもっているジャンル」がくせものです。

私の興味は次々に変わっていきます。

言語学に興味をもっていたと思ったら、仕事術関連の本を読み出したり、PC関連の本を読んでいたと思ったら、急に小説を読み出したりします。

 

一見なんの脈絡もなく、デタラメに買っているように見えますが、実は「芋づる式」に買っています。

「芋づる式」というのは、以下のようなことです。

 

Aという本を読んだとします。

Aの中のBという話題に興味をもったとします。

そこでBのことが詳しく書かれているB1という本を購入します。

次に、B1という本の中のCという話題に興味をもったとします。

Cに関連のあるC1という本を読みます。

 

・・・これが延々と続いていきます。

 

 

また、読んだ本の「参考文献」を読むこともあります。

本文中や巻末に「参考文献」が書いてある時があります。

その本の内容をさらに掘り下げて調べたい場合に、この参考文献を読んでみると「当たり」の場合が多いです。

 

なぜなら、作者が本を書くにあたって、大きく影響を受けた本が「参考文献」だからです。

作者は本を執筆するために多くの本に目を通すそうです。

つまり、一冊の本が書き上がるまでに膨大な量の本を読む場合が多いようです。

しかし、読んだ本のすべてが「参考文献」になるわけではありません。

本を書くにあたって、内容に特にかかわりの深い本や、作者が感銘を受けた本が「参考文献」として載るようです。

なので、「参考文献」はハズレが少ないのです。

 

すみません。速読からだいぶ話題が逸れていますね。・・・

 

しかし、さらに脱線します。

だいぶ話題はそれますが、僕は「自分の尊敬する人が読んでいる本を読む」ことも実行しています。

 

たとえば上司や趣味の仲間の一目置いている人物などです。

誰でも尊敬する人物に近づきたいと思うでしょう。

そのためには「尊敬する人物」の考え方をマネするのが近道です。

 

それには、尊敬する人物が読んでいる本を読むことをおすすめします。

 

なぜなら、人間の思考は、読んでいる本から大きな影響を受けるからです。

だから、私は自分の尊敬する上司などが読んでいる本は無条件に読むようにしています。

 

だいぶあちこちに話題が飛びましたが「芋づる式」の効用は大きいので、ぜひ試してみてください。

広告

About toshicanai

公立小学校教員/2児の父/エバーノート好き/タスク管理/アンドロイド/ライフハック/読書年間100冊/心穏やかに毎日を過ごしたい/生活を「システム化」して家族との時間を増やしたい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。